3月 072012
 

练习方法:

練習方法:

1、传统的练法是先做复合动作后做孤立动作,但练股四头肌我主张先将孤立动作——腿屈伸作为第一个练习。理由是先练坐姿腿屈伸力量足,能举起相对较大的重量,大腿伸缩充分,肌肉线条刻画得深而明显,同时也为深蹲做了充分的热身,鱼与熊掌兼得。要说明的是,这种练法中高级水平者更合适,初级水平者还是先做复合动作为好,避免做只刺激小部分肌肉的孤立动作。

1、伝统的な练法は先に複合動作をした後、カラオケなどが株を孤立させなければならない四头思う。まずギニン孤立動作である足屈伸としては初めての練習をした。理由は先に练を正して脚を屈伸力強いかわりには相対的に大きくなるの重さで、太ももの筋肉線が十分に伸浮きて目立っても、同时には、浓いうずくまるにウオーミングアップし、2匹のうさぎだった。説明しようとしたが、その练法者といったほうがいい、高級水準を先に初级のレベルは避けたほうがいいって、複合動作だけを刺激に小規模の筋肉の孤立を披露している。

2、为避免股二头肌借力,可先做俯卧撑弯举或坐式腿弯举,让股二头肌预先疲劳,接着再做股四头肌的练习动作,如杠铃深蹲、腿举、坐式腿屈伸等。

2、を避けるための株二头筋を訪ね、借力腕立て伏せ曲がったり坐式脚曲がってピケットを入れることで、株二头筋にしておけば、疲労し、続いてやる株の筋肉を四头スタンスに深くうずくまると脚がバーベルを持ち上げたり坐式脚屈伸などが含まれている。

3、前深蹲等练习结束后,可结合股二头肌一起练。安排股二头肌的动作练习,   如何锻炼肌肉既能使大腿肌群得到平衡发展,又能在练股二头肌的过程中使股四头肌得到积极性休息,促进股四头肌的恢复。

3、前に深くうずくまるなどの練習が終わった後、株二头結合デュシェンヌと一绪に练习します。株の筋肉を二头を配置することにしたアクショントレーニングには大腿筋群が均衡発展、カラオケなどが株二头の筋肉を育てる過程で引き締まる意欲を促進するために株四头休息の筋肉を回復している。

建议:

提案:

1、每周练习频率为1—2次,不宜超过2次,每次间隔时间应有72小时。    锻炼肌肉的方法   每次训练根据训练目的可选择3—4个动作,不宜超过4个动作。

1、週周波数は1 ~ 2回、2回、毎回することは望ましくないとの間隔らしい72時間だった。練習のときは目的を选択することができるのに3 ~ 4個を超えることは望ましくない4つの演技を披露した。

2、动作选择,动作顺序、 蛋白质粉   训练方法可根据不同目的随机变化。

2、動作を選択し、動作手順で、トレーニング方法に応じて目的ランダムに変化した。

3、要想看到股四头肌清晰可见的线条,蛋白粉    除了上述练习方法外,在训练中还必须适当安排有氧训练并合理控制饮食。

3、见たい株四头筋に脈々との線は、練習方法を除いては、訓練中に気を使わなければならない適正に配置することにして訓練合理的統制できる有酸素食べ物だ。

本文由 http://www.xyxy8.com/ 整理并发布!

Sorry, the comment form is closed at this time.